このページの先頭

HARVARD SQUARE REVIEW + hitomedia™





News

ハーバードおもしろニュース紹介



何故、留学するのか?

コメント

コメント663. 井上哲|MAIL|2012/12/02 16:52

私はコーネル大学大学院で学位を取得しました。さすがハーバードの教授良いことをおっしゃる。また、No644のごんたさんのご意見にまったく賛同。アメリカの大学や大学院で勉強している学生は、はっきりとした目標を持っている。大学や大学院はキャリアアップの手段であり、そこで学習することが目標ではない。

コメント661. まちゃみくん|MAIL|2012/09/13 17:35

みなさん、こんにちはぁ。

 ハーバードのコネクションを『利用』して、大活躍したことでぼくが知っているのは、以下です:

東日本大震災では米軍による支援活動「トモダチ作戦」が大きな成果を上げたが、その先駆けが被災地への医薬品の輸送だったことはあまり知られていない。東京・本駒込の日本医師会(日医)に医薬品が集まるめどが立ったのに、輸送手段が見つからない。厳しい局面で機転を利かし、米軍に直接交渉したのは、米ハーバード大学の人道支援組織の一員として派遣された有井麻矢(ありい・まや)医師(31)だった。
震災発生から1週間もたたない昨年3月16日。被災地から「医薬品が足りない」との声が日医に相次いでいた。
 製薬各社の協力で確保できたが、問題は膨大な量をどう迅速に運ぶかだった。
 期待した航空自衛隊から色よい回答を得られず、落胆が広がった。

 「米軍に協力要請できるかもしれません」。声を上げたのは、たまたま居合わせた有井だった。

 当時、米エール大学に所属していた有井が、人道支援組織「ハーバード・ヒュマニタリアン・イニシアティブ」の
メンバーとして一時帰国したのは前日の15日だ。初対面の有井の提案を日医幹部は即座に受け入れた。

 有井は「絶対に成功させよう」と腹をくくった。

 米国を出発する前にエール、ハーバード両大学の同僚らから紹介された人々に電話やメールを送り続け、
18日未明、米国大使館から返事が来た。交渉の末、米軍機による輸送は19日と決まった。

 ps:ぼくは、自分の子供たちを、アイビーリーグへ入学させたいです。そして、いろんな可能性を増やせてあげたいと思います!

コメント656. たかざかな|MAIL|2012/01/23 19:45

ぼくもハーバードだいがくに行きたいな。と思いました。

とりあえず、中学受験がんばります。                                                              

コメント644. ごんた|2011/02/26 23:46

大学に限った事ではない。
日本の全ての学校は「学習」機関であってそこに注力している。
対して米国の学校は文字通り「教え育てる」機関で体系的な知識を授けたその先を意識してデザインされたシステムだ。
彼は学生の未来を思い、わざと軽度の侮蔑的な表現を込めて言ったのだろうが、日本人がその教授のいう意味での「バカ」である責任は、(その是非はおいておいて)学生だけのものではない、と私は思う。

コメント641. さんま|2010/09/03 18:37

これが現実なのか・・・・・・・。

その教授の考えを変えられる時には日本はもっと素敵な国になっているのかな??

コメント640. かおりん|2010/08/24 20:06

こんにちは!
14歳の女のこです!
ハーバード大学って、めっちゃ憧れです^^

コメント604. タカダナツコ|MAIL|2008/08/30 19:08

日本の大学しか知らない私にとっては、大学がそんな高尚な所とは正直、到底思えないですね。
結局一年以上もハーバードからの特待生入学許可証が来ていることも知らされなかったし、大学と全く関係ない人から知らされて知りましたし笑。

大学とのイザコザを謝罪しても未だに手紙のことは全く音沙汰なしだったりします・・。

他の大学か機関からも手紙があったようですが、どこからかハーバード以外は全く知らないですし。

信じられないでしょうが、もちろんハーバードの理論をひっくり返したことは、これ以上ない自慢ですが、今は心から後悔しています。


コメント602. YUU|2008/08/27 21:34

 Japanese はお金儲けがへたくそ。異常なまでの社会主義

これが日本に来た時に感じた最初の印象でしたね。

東大なんて外人はほとんど知らないよ。

コメント597. 藍子|MAIL|2008/08/01 23:27

 

 うーん。なんだかハッとさせられた。

 皆様の意見も非常に参考になった。

 私は、教授は社会の歯車として味気なくゴリゴリ回っていくんじゃなくて、自分なりの社会というものを捉えていかに自分を伸ばすかを考えろってことなのではないでしょうか

 もっと主体性を

花には水を

学生には学問を

奥さんには愛を
 

コメント585. meimonkoryugaku|2008/03/25 11:12

Facebook創業者の名前はマーク・ザッカーバーグでした。

コメント584. <a href=URL|2008/03/25 11:06

昨日、新聞でFacebook創業者がアメリカの長者番付に載っているという記事を読んで、やりきれない思いをしていたところにこの投稿があったのでコメントさせていただきます。その教授の「文脈」を、私は次のように理解しました。

”同じHarvardでも、例のズッカーマンを見て見ろ、あんな青二才がFacebookなんていう一見つまらない、どこにもあるようなSNSを2004年に始めて4年もたたないうちにマイクロソフトが買うような会社に育てたじゃないか。いまや彼は大金持ちだ。何でも、そのFacebookっていうのは最初はHarvardの学生だけ、その後はIvyなどの名門大学の学生しか入れなかったんだそうだ。それが、どうだい、今じゃ小学生だろうが4流大学の学生だろうが社会人だろうが誰だって会員になれるそうじゃないか。最初にHarvard限定っていうマーケッティングは賢いね。誰だって、Facebook程度のプラットフォームは作れるんじゃないの?HarvardやStanford、Yale、Princetonにゃ日本人がいるけれど、いまだに、だーれもFacebookみたいなことをやり遂げたガッツのある奴はいないねえ。どうなっちゃってるんだい。Stanfordにいたロシア人はGoogを作ったしね。・・・・・日本人はばかじゃないの、勉強だけして、金儲けできないなんてね・・・・”

コメント576. T. Sasajima|2008/01/21 06:21

Natsuko-san
私としての解釈は、
「何かを成し遂げやすくする、その「何か」を、
 日本人は「就職」にしか当てはめない」
というものでした。
日本人「目的の会社に入るためには、『ハーバード』が必要、あれば安心。」
ふむむ。。日本と米国の感覚の相違というか。
大抵(世界規模)がハーバードに行く理由は「名前」ではないはずです。
教授としては卒業後もさらに研究や解明を続けていってもらいたいだろうし、
そのためにもそれ相応の設備を大学は用意してくださっている。
名前なんてこの際、関係無いような気もします。

「あらゆる分野を奥深いところまで探る、その先の白紙も埋めてやる」
そういう方達が後の、例えばノーベル賞受賞者となりうる訳です。
大学はそんな彼らを導く、補助するためにあるものではないのですか。

コメント575. Natsuko|MAIL|2008/01/19 20:05

『ハーバードの名前で、環境整えてもらって

何かを成し遂げやすくすること』を『利用する』

と教授は思っているんだと私は考えてますが・・。

コメント574. 高田奈津子|MAIL|2008/01/19 20:03

貰えるものは貰っとこうと私は思っているので

教授に大賛成!!(笑)

『ハーバードの名前で、環境整えてもらって

何かを成し遂げやすくすること』を『利用する』

と教授は思っているんだと私は考えてますが・・。

コメント565. T. Sasajima|2007/12/30 01:33

お偉いさんは最終学歴だけを重視するから、
どこどこの良い大学に入って、4年待って、卒業できちゃえば、
とりあえずの専攻路線は保証されてしまうわけで。。

もちろん今がんばっていらっしゃる方の批判ではないのですが、
つまりは「ハーバード卒業」の肩書きさえ頂けたら
後は会社に一生ついていく、ついていけるという
認識の方が多いことによる教授のお話なのでは。

私としては、どうもそういうのって退屈に思えてならないんですけれども。

記事へ戻る